So-net無料ブログ作成

【ワールドカップ】シャルケの内田篤人がブラジルで活躍するもドロー【日本代表VSギリシャ】 [スポーツ]

スポンサーリンク

本日、朝7時よりブラジルワールドカップ「日本代表」×「ギリシャ」の対戦がありました。

結果はご存知かもしれませんが0対0で引き分けとなりました。


実際に試合を見た感想ですが、攻めの「日本」と守りの「ギリシャ」といった展開でスタート。

大方の予想通り、ボール支配率も日本70:ギリシャ30といった感じです。

大きなヤマ場は前半38分、ギリシャのカツラニスが退場となってから。

シャルケの「内田篤人」が試合後、コメントしているように、退場になったことにより「ギリシャ」の戦術が明確になってしまった。
utida.jpg
ワールドカップ予選で1敗同士の戦いであり、勝利することが大前提であった両チームではあるが、
カツラニスの退場により10人での戦いを強いられた為、「ギリシャ」は完全に「守り」に特化する形となった。

もし退場がなければ、多少の戦術のブレというか、欲みたいなものが出ていたはずであろう。

しかしながら退場を期に「ギリシャ」は完全な守りからのカウンター狙いに絞ることとなる。
nagatomo.jpg
対する日本は戦術的には攻撃的なチームであり、「長友」や「内田」といったサイドからの揺さぶりでマークを外し、スペースを作る戦術で、「香川」のスペースをうまく使った得点や、嗅覚の優れた「岡崎」による得点、そして「本田」や「遠藤」によるフリーキックからの得点が考えられた。
honda.jpg
しかしながら、実際には数の優位があるにも関わらず、前に当てては戻しての繰り返しで崩すと言った感じでは無かった。

後半に入り、「日本代表」のメインのメンバーで攻撃を繰り返すも得点するには至らなかった。

そんな中でもっとも活躍していた選手はやっぱり「内田篤人」だろう。

前対戦の「コートジボワール」戦でも一際目立った活躍をした「内田」だか、本戦でもすばらしい活躍を見せた。

右からのクロスは精度も高くバリエーションも豊富であったが、得点までには至らなかった。



今回の手痛いドローに予選敗退が濃厚となってきてしまったが予選最終「コロンビア」戦では必ず勝ってほしいと思う。


ちなみに予選突破の条件は非常に厳しく・・・

1.ギリシャがコートジボワールに引き分け以上の善戦
2.日本がコロンビアに勝つ

コロンビアに引き分けだと予選敗退が決定します。また、コートジボワールがギリシャに勝った時点で敗退が決定となります。

いわゆる自力優勝が消えたってのと同じ状況となります。

厳しい局面であるからこそ、日本代表の意地を見せてほしいと思います。


【試合日程】

■「日本」VS「コロンビア」 6/25(水)5時~(テレビ朝日)

■「ギリシャ」VS「コートジボワール」 6/25(水)5時~(NHK)


【関連記事】









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
r

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。